プロのドライバーになるには免許や経験が必要?


就職後に免許が取得できる会社も多い

タクシーやトラックなどプロのドライバーとして仕事をするためには、二種免許が必要となるケースが多くありますが、会社によって免許取得までの資金の援助をしてくれることがあります。特に、若手のドライバーが不足している会社においては、教習中に一定額の日当を支給することで、新人の定着率を上げようとする動きも見られます。そうした中、ドライバーとして同じ職場で将来に繋がる経験を積みたい場合には、定期的に業務に役立つ研修を受けられるところや、日頃から専門性の高い業務を任せてくれるところを勤務先に選ぶことがおすすめです。もしも、会社選びの方法について迷っていることがあれば、新人のドライバーの受け入れ態勢が整っている会社に直接相談をしてみましょう。

ドライバー歴の長い人は高待遇で働ける会社もある

ドライバー歴が長い人は、運送会社やタクシー会社などで高待遇で働けることもあり、求職中の中高年者の間で関心が集まっています。中でも、大型トラックや観光タクシーなどの経験が豊富な人は、全国の会社で恵まれた条件で勤務できる可能性が高いため、時間を掛けて職場探しをすることがおすすめです。最近では、新人のドライバーの指導ができるベテランを対象に、高額な教育手当を支給している会社も少なくなく、数年以上のドライバーの経験があれば、収入アップを目指すことができます。なお、ドライバーの待遇の良し悪しは、本人の経験だけでなく、勤務先の企業の業績や労働時間などに大きく左右されるため、慎重に会社ごとの給料の仕組みを確認することが大切です。

ドライバーの求人は、長距離トラックや役員運転手など様々なものがあり、職場によって必要な運転免許の種類や運転歴などが異なります。