外資系へ転職!メリットやデメリットはどうなの?


外資系のメリットは多い

外資系のメリットは、まず給与面が比較的恵まれていることです。外資系の仕事は英会話能力が求められますし、仕事に関する専門的な単語も理解する必要があります。更に英語で外国人と交渉をする場面もありますし、外国人の考え方なども把握しないと仕事にならないです。つまり、外資系の仕事は誰でも勤まるものではなく高度なスキルが必要と言っても過言ではありません。その為、採用への道は決して易しいものではないですが、能力に見合った給料を期待できます。また、当たり前のように残業をすることはほとんどありません。ケースバイケースではありますが、外資系は定時で帰るという考えが根付いています。その分時間内に仕事を終わらせるというプレッシャーはありますが、残業続きで疲弊する可能性は低いです。

外資系のデメリットに注意

外資系も全てが良いという訳ではなく、デメリットもあります。外資系は実力主義の面が強いので、結果を残せなければ早い段階で解雇される可能性が高いです。日本の企業であれば、例え結果が出なくても過程が評価されることがあります。しかし外資系は過程が良くても結果が悪ければ全く評価されません。その辺りをしっかりと理解しておかないと、早々に会社を去ることになりかねません。次に、転勤の可能性が高いことも一つのデメリットと言えます。ずっと同じ街で働くことができれば心身共に安定しますが、転勤を繰り返すと負担がかかります。国内ならまだしも海外に転勤するとなると、戸惑う方も多いです。

日系企業より外資 IT企業の方が年収が高いのには、利益が業務の成果に応じて反映されるという成果主義的な考えをする会社が多いことが理由の一つとして挙げられます。