働き方はたくさん!ドライバーの仕事とは?

ドライバーの仕事の種類とは?

ドライバーの種類には、人間を乗せるバスドライバーやタクシードライバーに加えて、荷物を運搬するトラックドライバーや配送ドライバーと多くの種類があります。その他にもトレーラートラックドライバーやタンクローリードライバー、工事現場で必要不可欠なダンプカーのドライバーなどが少し特殊なドライバーの仕事としてあげられます。運転が得意でドライブスキルを活かした仕事をしたい人にとって、さまざまな選択肢があるのがドライバーの仕事ではないでしょうか。

ドライバーに必要な資格とは?

ドライバーの仕事では自分が乗る車の種類によって、所持すべき必要な資格が異なります。まず、タクシードライバーやバスドライバーなどの乗客を乗せて運賃が発生する場合は、普通自動車運転免許を所持している上で第二種免許を取る必要があります。その中でも路線バスや高速バスなどの大型車両を運転するバスドライバーは、大型二種免許の資格を取得しなければ仕事が出来ません。トラックドライバーの仕事でも車両の大きさによって所持すべき資格が変化します。

まず、基本の資格として普通自動車運転免許が必要になり、車両総重量が大きくなるにつれて中型自動車運転免許や大型自動車運転免許が必要になります。大型トラックを運転出来ると、走行距離が長い長距離ドライバーとして働くことも可能になり、ドライバーとしての仕事の幅が広がります。コンテナなどを運ぶトレーラートラックを運転するためには、大型自動車運転免許に加えてけん引免許が必要になる場合もあります。また、それぞれの免許試験を受ける際には年齢や所持免許などの受験資格が存在することもあるため、あらかじめ確認をしておくと安心でしょう。

愛知のドライバーの求人は女性ドライバーを求める事業があります。子供の送り迎えや女性の対応のサービスに対応するためです。