知っておいて損はない!期間工の仕事内容とは

売り手市場の工場求人

期間工の仕事の大半を占めるのが製造業です。製造業は日本で最も従事者の多い産業のひとつで、その中には様々な種類があります。代表的なものとしては自動車産業や繊維産業、食料品産業などが挙げられます。こうした製造業の工場では少子高齢化の影響で、求職者数が減少しています。そして一年を通じて、売り手市場が続いていると報告されています。それゆえ、製造業に興味がある求職者にとっては、今は絶好の就職のチャンスだと言えます。

期間工は主に製造ラインを担当

工場の仕事には大きく分けて、製造ラインと部品供給、ライン管理が挙げられます。製造ラインの仕事は加工機械への材料の投入、ベルトコンベア沿いでの組み立てや検品、加工機械の操作などです。製造ラインの最終工程として、出来上がった製品の検査や梱包なども含まれます。部品供給はライン作業に支障が出ないよう、必要な部品を供給する作業となります。倉庫や他の製造ラインから、フォークリフトなどで部品を運ぶ作業がメインです。ライン管理はライン全体を管理する仕事で、ベテランの作業員が担当します。因みに期間工は、主に製造ラインを担当することになります。

ライフスタイルに合った働き方を選べる

製造ラインでは、一定のスピードで作動させた方が生産性が安定します。ラインを頻繁に止めたりすると、全体への影響が大きくなる傾向があります。そのため製造業の工場では、24時間体制でラインを稼働させているケースが少なくありません。そのため、多くの工場では2交代制や3交代制など、シフト制を導入しています。期間工は、自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことが出来ます。夜間シフトに入れば収入がアップする等のメリットがあります。

期間工は、それほど高度な仕事に関するスキルを要求されないことや、中高年者も活躍できるといった特徴があります。