同じ工場でも全然違う!職種で選ぶ工場の求人


求人選びは職種に注目

工場の仕事といえば、どんなことをイメージするでしょうか。機械のオペレーターやライン工といった、現場作業を思い浮かべる方が多いと思います。また、軽作業のアルバイトを思い浮かべる方もいるかもしれません。しかし工場によっては、様々な職種で求人を出している場合があります。先入観にとらわれず、職種に注目して求人を探せば、思いがけない仕事との出会いがあるかもしれません。

オペレーター以外の求人例

まず最も一般的な例として、事務職が挙げられます。倍率が高くなりがちな、人気の職種です。その中でも、経理関係で募集していたり、業務管理で募集していたりするものは、一般事務に比べると、好待遇な傾向があります。また、工場勤務としてドライバーの募集もあります。製造業のドライバーは、資材の搬入や客先への配送がメインとなるため、物流系のドライバーより取り扱う範囲が絞られることが多いようです。トラック運転の経験のある方は、狙い目かもしれません。もうひとつ紹介したいのが、設計やデザインなど工場勤務でありながら、デスクワークの求人です。機械設計のCADや印刷のDTPなど、専門的な知識が必要なものが多いですが、その分、企業にとっては貴重な人材です。

このように、ひとくちに工場の求人と言っても、実際は様々な職種での募集があります。求人を探すときは、業種を先に絞ってしまいがちです。しかし、職種の観点を持って求人を見てみることも大切です。その方が、自分に合った働き方を見つける近道になるはずです。

イカイアウトソーシングの公式サイトはこちら