四十代、五十代の人が採用してもらえる可能性のある求人を見つけるコツ


自分のような属性の人間を求めているところを探す

仕事探しに悩んでいる人は少なくないでしょう。特に四十代、五十代の人の場合、応募しても面接までたどり着かないということも十分考えられます。つまり、履歴書などを見られることなく、年齢などが問題となって落とされてしまうというわけです。では、四十代、五十代の人がうまく仕事を探すコツというのはあるのでしょうか。まず、一番のポイントは自分の属性を客観的に把握し、その属性に合った仕事に応募するということです。募集する側は二十代の人を欲しがっているのに、その意向を無視して応募してもなかなか採用されることはないでしょう。

求人広告に記された文面を分析する

募集側がどのような属性の人を欲しがっているのかは求人広告をよく読めばわかってきます。たとえば、「若い人が活躍している職場です」という文面が記されている場合、これは暗に「十代、二十代の人に応募してほしい」という意向があると考えていいでしょう。また、職場イメージの写真やイラストに出ているのがすべて女性であれば、女性を採用したいと思っていると考えるべきです。一方、四十代、五十代の人を欲しがっている会社であれば、求人には「シニアが活躍中」といった文面が掲載されている可能性が高いです。そういったところに応募すれば、採用される確率が上がるでしょう。

経験者を優遇している求人はチャンス

また、求人広告に経験者を優遇するという文面が大きく掲載されていた場合、募集側はできれば若い人が欲しいけど、四十代、五十代の人でも差し支えないと考えているかもしれません。年齢は二の次で、経験者であることがもっとも重要な条件だから、その点を強調している可能性が高いからです。こういった求人も中高年の応募者には狙い目といえます。

自動車部品をはじめ、食品や情報機器などの製造業のお仕事をメインに紹介する人材サービス企業です。サンキョウテクノスタッフは本社が愛知県豊橋市にあり、大手自動車関連のお仕事も充実しています。