プラントエンジニアの仕事内容と必要な資格

プラントエンジニアの仕事内容

プラントエンジニアとは、工場などの設備を設計や管理、補修を行う技術職です。食品や医薬品など、工場設備一式のことをプラントと呼びます。プラントエンジニアの仕事は担当する工場の設備に合わせて、機械、土木、電気、配管など担当する専門領域が異なります。プラントエンジニアは現場で指示を出す役割も担うため、担当する専門領域の知識への深い理解が求められます。資格の有無が関係ないため、プラントエンジニアの仕事は新卒採用だけでなく中途採用で募集される場合もあります。

プラントエンジニアに必要な資格

プラントエンジニアの仕事には、絶対に必要な資格はありません。資格を保有していなくても、専門知識を持っている人であればプラントエンジニアとして働くことが可能です。必要となる専門知識は、担当する工場の専門領域により異なります。しかし専門知識を学習していると証明するために、大学の理工学部で学士以上の知識を学んだ経験が求められる場合が多いです。

また海外で働くプラントエンジニアは、専門領域の知識に加えて語学力が求められます。TOEICのスコアや留学経験など、語学力を証明できる経験を学生時代にしておくと就職活動の際に役立ちます。

必ず取得しなければいけないわけではありませんが、機械設計技術者やCAD利用技術者試験の資格を取得しておくと、どの専門領域にも活かすことができます。確実にプラントエンジニアの職に就きたい場合は、大学の理工学部を卒業した後に大学院に進学して勉強を続けるのがおすすめです。

プラントの求人は、機械設備の設計や施工、運用保守などの専門スキルを持つ人や、現場で作業員のリーダー役を担当できる人が好まれる傾向があります。